mark3.gif

五感 +

Experienced Technique

トータルサポートの提供

当社の技術部門においては、一般顧客やコンサートホールのピアノのメンテナンス業務はもちろんのこと、創業以来、製作や修理業務で培ってきた木工や鉄工、外装修理や塗装にいたるまでの総合的な技術力を生かしたサービスを提供しております。豊富に取り揃えた道具、工作機械そして部品類。これらを駆使した、あらゆる状況においても迅速、柔軟に対応できる環境が充実しています。そして、このようなピアノに関する様々な技術業務に携わるが故の視点からの技術の提供を理想としながら、これまでに多くの経験と実績を積み重ねてまいりました。部品については純正部品を含む様々な質の高い部品を用いたサービスが可能であり、また、海外の経験豊富なスペシャリストたちとの連携による大規模なオーバーホールも実施できます。


名器を蘇らせる醍醐味

理想的に楽器を修復するには、至る所で「的確な判断力」が求められます。その楽器の可能性をイメージできる技術者が、修復すべき箇所を把握し、交換する部品や手法を的確に判断していかなければなりません。例えば、同じメーカーの全く同じ型番の部品でも、少しづつ品質に違いがあります。ピアノのあらゆる箇所に使われている木材やフェルト、クロス。これらのひとつひとつを、よく吟味しなければなりません。また、いくら良い部品を使ってもその交換手法を誤れば、完成後のパフォーマンスに大きな悪影響を及ぼすこともあります。このような「適材適所」を見極めていくには、豊富な経験から得た豊富な選択肢が必要であることは言うまでもなく、これこそが私たちが最も自負しているところです。本当の復元、修復作業とは、単なる部品交換作業ではなく、そのピアノの秘めた可能性を、イメージした通り最大限に引き出してやるということなのです。